髪を生やすなら育毛剤より発毛剤

髪を生やすなら育毛剤より発毛剤

薄くなった頭皮に髪の毛をもう一度蘇らせたいと思ったときに使用するものといえば育毛剤が一般的かと思います。インターネットで購入するのが基本ですが、市販されているものあるので様々なシーンで沢山の育毛剤と出会うことができるでしょう。
しかし髪の毛を生やしたいと思ったときには育毛剤よりも発毛剤のほうがおすすめです。髪の毛というのは毛母細胞という部分が要となっているのですが、発毛剤はすでに髪の毛がなくなってしまっている部分にある毛母細胞の細胞分裂を促すことによって新たな髪の毛を生やすことをできるという、まさに発毛することができるというものです。一方の育毛剤というものは頭皮の環境を整えて血流を良くしたりといったように今ある髪の毛を育てることを目的としています。つまり髪の毛を生やしたいと考えるならば発毛剤のほうがおすすめなのです。

発毛剤とはどのような商品なのかというと、有名なところだとリアップという商品が挙げられます。テレビCMも積極的に放映されていますし、ドラッグストアなどでのぼり旗がはためているのを見かけたことがあるという方は少なくないでしょう。このリアップは発毛促進の効果があるだけでなく、頭皮の血管を広げる効果があるとされているミノキシジルが配合されているため髪の毛に栄養を届けやすくする育毛効果も期待できます。ドラッグストアなどで市販されているため購入しやすいという強みがあり、実際に使用した方の口コミも多いため情報が探しやすいというメリットがあります。しかし壮年性脱毛症には非常に効果的であるが所謂M字はげといわれるタイプには少し効きづらいといった話もあるため、自分の頭皮の状態を見てから利用を検討する必要があるでしょう。また、ミノキシジルは血管に作用するため血圧に異常がある方は使用できなかったり、問題がない方でも副作用が出てしまう可能性もあります。購入する際には薬剤師の説明を受けることが義務となっているため、そのときに面倒臭がらずしっかりと話を聞いてから購入することが大切です。
市販されているもの以外ですと病院で処方されるプロペシアなどにも発毛効果が期待できるでしょう。
昨今では育毛効果と発毛効果の両方が得られると言われている薄毛治療薬もあることから育毛剤という名称を用いられていても発毛剤としての役割を担っている場合もあります。しかし育毛剤であるのに発毛剤を謳っている場合もあるため、成分などをしっかりと吟味した上で選択したいものですね。