女性が使える育毛剤の特徴とは

女性が使える育毛剤の特徴とは

髪の毛が薄くなることを、男性にだけおきる症状だと思ったら大間違いです。女性だって、30、40と年齢を重ねれば薄くなってきます。特に男性ホルモンの量が多い女性にとっては深刻です。普通の女性よりも早く薄毛が進行してしまいます。こうなるのを防ぐために、きちんと育毛剤で予防する必要があります。
女性は女性用の育毛剤を使うのが基本です。男女共用、男性用の利用はなるべく避けたほうがいいでしょう。男性用と女性用とでは、髪の毛に与える効果の大きさが違います。男性は早い人だと10代くらいから抜け毛がひどくなります。このような体質の人だと、普通の成分量では抜け毛の進行を食い止めることはできません。必然的に効果の強い育毛剤を利用することになります。この強い育毛剤を女性が使うと、かえって髪の毛にダメージを与えてしまうことがあるのです。ですから、女性の体質には男性用の育毛剤は向いていません。最初に育毛剤を選ぶときには、まず性別に注意する必要があります。
男性用と同じく、女性用にも塗る育毛剤と飲む育毛剤の2種類があります。塗る育毛剤は入浴後などに頭皮に塗り込んで使用します。シャンプーで洗髪するときのような軽い気持ちで利用できるのが大きな特徴です。同居している家族等に育毛剤を使っていると知られることもなく、安心して利用できます。女性は、医療機関で処方しているプロペシア等の飲む育毛剤を使うことはできません。女性が使うと副作用を引き起こす危険があります。そのため、女性用の飲む育毛剤というと育毛サプリメントになります。おすすめ:おすすめ最強の育毛剤ランキング

育毛剤は、含まれている成分の種類により髪の毛に与える効果が違います。緑茶リキッドやトウガラシエキスには血行促進作用があります。このような成分が含まれている育毛剤は、頭皮の血行をよくして髪の毛の成長を促します。抗男性ホルモン作用を持つ成分にチョウジやオウゴンリキッドがあります。抜け毛の要因として、最も大きな影響を及ぼしていると考えられるのが男性ホルモンです。常々、髪の毛が細いと感じている女性は、抗男性ホルモンの成分が豊富に含まれている育毛剤を選ぶのがいいでしょう。抗男性ホルモンとは逆に、女性ホルモンを増やす成分もあります。ヨモギエキスやフラボステロンが代表的な成分です。
最後に、女性用育毛剤は医薬品と医薬部外品、化粧品のいずれかに分類されます。医薬品は薬にあたるため、使用する際には医師や薬剤師とよく相談する必要があります。購入する際には、この点にも気を配るようにしましょう。