私の使用している育毛剤について

私は中学生時代に兄と父が薄毛で悩んでいる姿を日常的に目の当たりにしてきました。

朝の我が家の実家の洗面所は育毛剤を何種類も頭にふりかけてから会社に行く父や大学に行く兄の姿が当たり前の光景となっていました。

そんな兄や父の育毛剤をふりかける姿を見ていて、「私もいつかああなるのかなあ」と漠然と思っていました。

そして実際に私も高校生になり、薄毛の症状が早くも始まってしまったのでした。

初めて自分が薄毛という事を認識したのは高校1年生の夏の日の事でした。

その日私は制服のシャツが汗でびっちょりと濡れ搾る事が出来る程の暑さの中を通学路を歩いて学校に到着しました。

あまりの暑さに私は学校についてすぐにトイレの洗面所に行き顔をざぶざぶと洗っていたのですが、

その時に私は自分の頭の頭頂部が透けて見えている事に初めて気が付いたのです。

そしてその日の夜から私は育毛剤を使い始めました。

私がその日から現在まで使用しているのは「カロヤンアポジカ」です。

「カロヤンアポジカ」は生薬の有効成分がジェット噴射によって噴射されるノズルを装備した育毛剤で、

私はいつも入浴後に「カロヤンアポジカ」を自分の頭皮に噴射して浸透させ、

育毛剤の効果を綺麗な状態の肌で使う事で最大限に引き出す様に努めています。

どうせ使うなら効果的な使い方をしたい、一日でも早く一本でも多く髪を増やしたいと思いますよね。

特に育毛剤を使い始めた頃は、その効果を知りたいがために、がむしゃらに育毛剤を多用しがちです。

けれど、育毛剤には使い方のポイントというものがあり、それを無視した使い方ではせっかくの効果も半減してしまいます。

育毛剤を使う際のポイント

まずは、必ずシャンプーの後に使う事です。

これは頭皮を清潔にして薬液を浸透しやすくするだけでなく、シャンプーによるマッサージ効果や保温効果で頭皮の血行をあらかじめ良くしておく必要があるからです。

血行が良くなれば毛穴も開き、浸透率もぐんとアップします。

次に、育毛シャンプーとセットで使う事です。

普通のシャンプーには頭皮に強い刺激を与える成分が含まれている場合もあります。

せっかく育毛剤を使って頭皮の状態を整えても、シャンプーでそれを台無しにしては一進一退ですよね。

育毛シャンプーは頭皮に優しく洗いあがるので頭皮の状態が良くなります。

夜、育毛シャンプーを使って丁寧に髪を洗った後、育毛剤を揉み込むようにしてマッサージすれば、リラックスして眠れますよね。

その眠っている間にこそ育毛剤は働き、頭皮を整え髪に栄養を与えてくれるのです。

育毛剤と発毛剤の違い

薄毛や抜け毛が気になり始めた方の中には、育毛剤や発毛剤の購入を検討しているという方もいるかもしれません。

育毛剤と発毛剤は、どちらも髪の悩みを考える際に頻繁に耳にする言葉ですが、その違いについてしっかりと理解しているでしょうか?

単純に名前から想像して「育毛剤は、いまある髪を育てる」「発毛剤は、抜けてしまった毛を再び生えさせる」ものと考えても間違いではありませんが、より詳しく違いを知っておくことで、自分に合ったプランを立てやすくなりますので、チェックしておきましょう。

・育毛剤

育毛剤とは、一般的に頭皮や髪の毛に栄養素や血行促進成分を送り込み今ある髪がより太くコシのある状態を目指す効果のあるものを指します。

通販などで販売されている商品は、こちらのものが多く商品によっては返金制度などが設けられていることが多いのも特徴です。

・発毛剤

発毛剤は、ミノキシジルなどを主成分として現在生えていない箇所に発毛を促す効果のあるものを指します。

育毛剤と比べると効果が高いとされることが多い一方で、様々な副作用が生じるリスクも育毛剤に比べると高いことが特徴です。

種類によっては、医薬品扱いとなっており、医師から処方してもらわなければならないものも存在しています。

育毛剤の効果が現れにくい人へのアドバイス

育毛剤を使っている人の中には、高価な育毛剤を毎日使っているのに効果が現れないと発言する人は少なくないです。

まず、育毛剤を使うときに知っておいて欲しい事は育毛剤はどの育毛剤も6ヶ月くらい使わないと目にみえて成果は現れないという事と、育毛剤には種類があるので自分に合った育毛剤を使い、頭皮に何かしらの異常がある人は中々効果がでないという事です。

育毛剤には血流を良くする、栄養を行き渡りやすくする、皮脂や男性ホルモンを抑制するなど様々な種類があり、いくら高くて評判の良い育毛剤を使っても頭皮が乾燥していたり炎症を起こしていて吹き出物ができていたのでは効果は半減してしまいます。

育毛剤の効果をはっきりと目に見える形で表したいのであれば、育毛シャンプーなども同時使用して頭皮の汚れや異常を取り除いた状態で使って下さい。

後は、外からのケアだけではなく、髪に良いとされる栄養素はしっかりと摂取し、毛の抜ける、細くなる原因の元となるストレスや乱れた食生活を改善していく事も忘れないでください。

高い育毛剤の効果を出すか出さないかは自分次第ですので、諦めずに使い、財布に負担にならないレベルのものを使うようにしてください。